2018.02.28

今日で2月も終わりです。28日しかないので、2月はあっという間に終わってしまいますね…。明日から3月ですが、春が近づいてきた印象です。家の近くの公園で、梅の花がきれいに咲いていました。いつもは自転車で素通りするのですが、この時は自転車から降りて、梅の花を眺めながら歩きました。心が嬉しくなりました。いい季節ですね(*^o^*)

教会ではいよいよ年度末を迎えます。2017年度のまとめをすると共に、新年度計画を立て、予算を組みます。今回はイースターが4月1日(日)なので、新年度初日からすぐ始動!というかんじです。イースターは復活祭とも呼ばれ、十字架にかかったイエス・キリストが死からよみがえられた日です。ディズニーランドでイースターイベントが始まったことにより(?)、さまざまな所でイースターという名前を見るようになりました。卵、ひよこ、うさぎのイラストも見かけます。イースターという名前が広まることは嬉しいですが、ぜひその日は教会に来てほしいです。クリスマスに教会に来て礼拝するように、イースターも教会で礼拝をささげることで本当の意味が分かるような気がします。キリスト教のお祭りですから…。

目黒原町教会では、イースター合同礼拝を計画しています。子どもからお年寄りまで、すべての世代がそろって礼拝をささげます。恒例となった(?)子どもたちによるミュージックベルの演奏もあります! わくわくする卵探しもあります! いろいろ盛りだくさんのイースター合同礼拝にぜひいらしてください。午前10時30分からです(^0^)/ 

 

話が横道にそれてしまった気もしますが、3月はイースターへの準備をしつつ、「高校卒業を祝う会」と久しぶりに「ぶどうの会」を開きます。「ぶどうの会」は、教会全体の研修会や情報交換の場のような位置づけのものですが、今回は「教会の伝道について」話し合います。特に、新年度の活動につながるような具体的な話し合いをする予定です。何か新しい伝道活動が始まるかもしれません! ぜひこれからも、目黒原町教会の歩みをご覧ください! 新しいホームページで情報発信し続けますので、ぜひアクセスしてください。