2018.03.28

春らしい日が続いていて、気持ちいいですね(*^o^*) サクラも満開で、車窓からのお花見を楽しんでいます! 先日の日曜日の午後、下の子の野球部でお花見があり、参加してきました。例年、「雨で寒いお花見」、または「花のないお花見」なのですが、今年は本当にお花見日和で「こんなの初めてだね!」と言いながら、楽しいひと時を過ごしました。

さて、いよいよイースターを迎えます。十字架にかかったイエス・キリストが復活される日です。教会にとってとても大切な日であり、また嬉しい日です。前日の土曜日に、新しい命を象徴する卵をゆで、イースター当日、礼拝に来た方々に配ります。子どもたちは隠してある卵を探して、見つけたものをお土産として持って帰ります。わたしが子どもの時、この卵探しは大好きでしたが、今も子どもたちは卵探しを楽しみにしています。楽しいイースターになりそうです!

 

そして、新年度がイースターから始まることはとても嬉しいことです。イースターが新しい命の始まりであるように、新年度も新しい気持ちをもって始めることができるからです。新年度も喜びの多い年となるのではないか、新しい出会いや出来事が起こるのではないか、と期待しながら、新年度を始めることができます。実際新年度は、新しい伝道集会を企画しようとしています。また、初めて東洋英和小学部の部長先生と出会う機会が与えられています。新たな出会いがたくさん起こりそうで、とてもワクワクしています! ぜひみなさまも、新たな出会いを求めて、目黒原町教会にお越しください。イエス・キリストとの出会いは、人生を変える出会いとなるはずです。また聖書との出会いは、人生をゆたかにしてくれるはずです。新しい年度が始まりますから、ぜひこの機会に教会を訪ねてみてください(^o^)/