2018.04.11

新年度が始まりました! 月曜日から一年生と一緒の集団登校が始まり、最初の一週間は保護者も旗を持って付き添います。わたしは地区理事なので初日を担当しましたが、久しぶりに一年生や二年生と一緒に登校し、一生懸命に話す姿がかわいらしかったです。最近は高学年ばかりを見ていたので、低学年のかわいさにいやされました(^o^)/

新年度は、新しい出会いの季節ですね。今週の金曜日は、明治学院大学のチャペルアワーでメッセージを語ることになりましたが、そのテーマは「大切な出会い」です。わたしのメッセージは、旧約聖書に登場するダビデとヨナタンの出会いから、大学で一生の友となる人との出会いがあるかもしれない。出会いの背後には神さまの導きがあり、この大学に入ったことも、そこで出会うひとりひとりも、神さまの導きによるから、何か意味のある大切なもの。だから出会いを大切にしてほしい、大学生活を満喫してほしいと語る予定です。(できればイエス・キリストと出会ってほしい!と心の中で思いながら語りたいと思います…)

わたしも、大学で一生の友と思える友人と出会いました。まだ卒業して20年ですので、「一生の友」となるかは分かりませんが、わたしの支えとなっている友人がいます。ダビデとヨナタンは、育ちも身分も違う二人です。友人とわたしも育ちはまったく違います。しかし、同じ大学に通い、学部は異なっても、同じサークルにいたことから仲良くなり、卒業後もずっといい関係が続いています。特に頻繁に連絡を取るわけではありませんが、「その子がいる」という事実がわたしを支えています。大学時代には、ここまでの関係になるとは思っていなかったので不思議です。やはり、目に見えない力、神さまの導きであると感じます。

人は人によって支えられると思います。ですから、子どもたちも、大学生も出会いを大切にしてほしいし、わたしも大切にしていきたいです。そしてその出会いを導く、神さまにも出会ってもらえれば嬉しいです。人と人との横だけの関係は行き詰ることがありますが、そこに神という縦の関係が入れば、ぐっと変わってきます。人間関係を良くする神との出会いがもっと起こるように、これからも神さまのことを伝えていきたいと思います!

 

<ホーム>