2018.05.23

気温の差が激しいですね。ちょっと体がついていっていないという感じがしますが、みなさんはお変わりありませんか?

先週のペンテコステ礼拝には若い方々が参加され、新しい風を感じる礼拝でした。同時に、今まで一緒に礼拝をしていた方が入院され、礼拝におられなかったので、寂しさも感じました。一口に「礼拝」と言っても、その内容は毎週異なります。集まる人々、聖書と讃美歌、また説教は毎回違いますので、力強い礼拝もあれば、優しい礼拝もある。時によって印象はだいぶ変わると思います。ですから、ぜひ続けて礼拝に参加してほしいと思います。続けなくても、1回きりではなく、何回か出ていただく方が、その教会の様子が分かると思います。

さて、5月も下旬となりました。6月は教会のメイン・イベント(?)である「親子合同礼拝」が行われます。昨年から「こころを育てる」礼拝シリーズを始め、今年はその第2弾!東洋英和女学院小学部長の山本香織先生をお招きして、「イエスさまのお手伝い」という題で、説教(おはなし)をしていただきます。日ごろから子どもの教育に関わっておられる先生から、こころを育てる聖書の話を聞くという主旨の礼拝です。礼拝後には、先生と直接お話することもできます。昨年は中高生を対象にしたので、今年は小学生を対象にしていますが、すべての世代の子育て中の方々に、ぜひご家族で来ていただきたい礼拝です。6月24日(日)の午前10時30分から、目黒原町教会で行われます! ぜひ、いらしてください。