2018.06.06

6月になり、梅雨の季節を迎えました。ちょうど今日、梅雨入りが発表されましたね。毎年のことだから仕方ないのですが、梅雨入りの発表を聞くと、少し憂鬱な気持ちになります。実際は空梅雨などもあるのに、人間の反応っておもしろいなと自己分析をしていました。

 さて、教会の方は、6月はテンションの上がることばかりです!まず、次の日曜日は教会の創立記念日です。今年で創立85周年を迎えました。教会の歴史を振り返ると、多くの困難をくぐり抜けてきた歴史があり、またそこに生きた人たちの足跡があります。一人一人が、自分に与えられた賜物を生かして歩んで来られた姿に感動し、励まされます。ある方が「85年なんてあっという間」とおっしゃっていましたが、過ぎてしまえばあっという間でも、渦中にある時には大変だっただろうなと想像します。戦時中や幼稚園休園に至るまでの道のりは、長く困難なものであったと思います。また次の牧師が決まらない時も大変だったと思います。しかし教会はそれらを乗り越え、今日を迎えました。これまでの教会の歩みを大切にしつつ、しかし新たな思いで創立90周年、100周年を目指して、大きな一歩を踏み出していきたいと思います。

 

 また、6月24日は、以前からお知らせしていますが、東洋英和女学院小学部長の山本香織先生を招いて、親子合同礼拝をささげます。説教はややもすると堅苦しいものになりがちですが、山本先生の説教はおもしろく、聞き入ってしまうそうです。クリスチャンではない保護者の方でも楽しく、そしてよく分かる説教をされるとの評判です。分かりやすく、大事なメッセージを的確に語られるのだろうなと勝手に想像し、わたしは初めてお聞きするので、今からとても楽しみにしています。どうぞ初めての方も、お気軽にご参加ください。聞かなきゃ損する?!説教かもしれません! もうすでに、何組かの方から参加しますと声をかけられているので、当日はにぎやかな礼拝になると思います。入りやすい礼拝だと思いますので、ぜひこの機会に、教会にいらしてください!