2018.08.23

大型の台風が近づいてきていますね。今年は本当に台風が多く、異常な事態が続いていると感じます。昨日ラジオで、「2100年には『今日も厳しい暑さで、44度を超えました』というニュースがあってもおかしくはない」と言っていましたが、どうなのでしょうね…。

月曜日から水曜日まで夏休みをいただいて、蓼科に行ってきました。湿度が低く、爽やかな空気の中、牧場へ行ったり、温泉に入ったり、美味しい物を食べたりとリラックスしてきました。久しぶりにのんびりできて、いい休みでした(^O^)/ また、家族で一緒に過ごすことができて良かったです。この夏は、上の子は夏期講習で夜遅くまで塾、旦那は(いつものことですが)夜まで仕事で家にいなかったので、下の子と二人で過ごす時間が多かったです。四人で夕飯を囲むのと、二人で囲むのとではまったく違いますよね。やっと家族の時間を取ることができたので、良かったと思いました(*^o^*)

 

今、第二礼拝では、ローマの信徒への手紙から御言葉を聞いています。8月からちょうど後半部分に入り、いろいろと具体的な事柄について聞いています。教会の中では、教会員を「神の家族」と捉え、互いを兄弟姉妹と呼ぶことがあります。しかしその「神の家族」の中で、もめごとが起こります。その時にとどうすればいいか。また、今度の日曜日は「上に立つ権威に従え」という言葉がある部分ですが、それは何を語ろうとしているのか。今生きている現実の中で、どのように生きたらいいのか、キリスト者の生き方はどういうものかなど、自分の現実と照らし合わせながら聞くことのできる箇所で、考えさせられることも多いです。教会に通う人たちの生き方ついて知りたい方、自分の生き方を少し振り返りたい方、ぜひ第二礼拝に参加してみてください。御言葉からヒントを得ることができると思います。