2018.11.07

11月になりました。いよいよクリスマスに向けての歩みが始まります!今年は会堂建築の課題があることから、クリスマスの準備と会堂建築の準備を同時並行で進めていくことになります。わたしの気力と体力がもつようにお祈りください!

先日は、永眠者記念日礼拝をささげました。多くのご遺族の方々が参加され、和やかなひと時となりました。今年召された姉妹を覚えて、勇気を振り絞って礼拝に参加された方もおられました。「いい会でした」と言って帰られたので、安心しました。キリスト教では、一周忌や三回忌というものはありませんが、毎年、永眠者記念日礼拝で亡くなった方々を覚えて集まります。遺族の方々は一年ぶりにお会いする方が多いのですが、一年の出来事を報告し合い、時間が足りないくらいに話に花が咲きます。初めは初対面でも、毎年お顔を合わせることで、少しずつ親しくなっていきます。この日を楽しみに来てくださる方々がおられ、私たち教会員も心待ちにして準備をします。今年もいい会を開くことができて良かったです。この永眠者記念日礼拝は、これからも大切にしていきたいと思います。

 

来年の今頃は、教会はどうなっているでしょうか。工事中でしょうか。何も変わっていないでしょうか。期待に胸を膨らませつつ、11月の歩みをしっかりしていきたいと思います。