2018.11.21

先週の土曜日は、下の子の最後の学芸会でした。「エルコスの祈り」はなかなか感動的でした。どの子も自分の役になりきっていて、最終学年らしく声もはっきりしていました。ソロも上手で、芝居の内容もさることながら、子どもたちの一生懸命さに涙が出てきました。

日曜日の按手礼式も無事に終わりました。多くの方々が参加してくださり、伝道師が牧師になる瞬間を本当に喜んでおられました。教会員一人一人が、祈りながら、伝道師が牧師になる日を待ち望んでいたのだろうなと思い、感謝の思いが溢れました。私用のため、その後の茶話会には残れず、按手を受けた気持ちや抱負を聞くことができずに残念でしたが、按手に携わることができて良かったです。

日曜日の「私用」は、下の子の野球部の「お楽しみ会」でした。年に一度、代表や監督・コーチへのお礼として、また選手たちの楽しみとして「お楽しみ会」を開催します。部毎に行うので、ちなみに6年生は1部なのですが、母総出でないと準備が大変です。いつも応援には行くことのできないわたしとしては、この日は最初からと思い、集合時間に間に合うように茶話会を欠席しました…(すみません(^_^;)) みんなで準備をした甲斐があって、お楽しみ会は成功でした。子どもたちの笑顔が(感動して泣いた子もいましたが)、一番嬉しいですね(*^o^*) 母たちも楽しませていただきました!

 

さて、次の日曜日はいよいよハンドベルコンサートです。毎年素晴らしい演奏を聞かせてくださいます!わたしはこの日を楽しみにしています!! ぜひ、みなさまもハンドベルコンサートにお越しください。11月25日(日)13時30分開場、14時開演です。